スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中国湖北省の料理

10年ほど前に、中国湖北省に縁があって、
半年ほど、長期出張した事があった。
中華料理に代表される四川料理に近い味で、
麻辣味の料理が多かったので、今でも辛い味が大好き。

中国内陸の四川、重慶、貴州、湖南、湖北一帯では、
麻辣味は一般的な家庭料理の味であるようだ。
タイなどのミナミアジア流エスニックとはまた異なり、
中国山椒が利いて、漢方的な薬効もある。

中国語の麻は「痺れる」と言う意味で、
正に痺れる味です。

990724-1 紅焼魚塊 990724-2 麻辣蝦球 990724-3 羅卜湯 990903-1 油条(中国揚げパン) 990903-2 揚げあがった油条(中国揚げパン) 990904-1 酸辣藕丁 990904-2 椒塩蝦 991010-1 玉子豆腐 991015-1 魚湯 991015-4 辣子鶏(店によって多少アレンジが違う) 991015-2 香炒土当帰 991010-6 香滷冷盤 991010-5 麻辣香蚕 991010-2 紅焼鴨子

スポンサーサイト

tag : 中国 湖北 中華料理 麻辣 内陸 山椒 漢方 薬効 痺れる エスニック

comment

Secre

dauphineさん

この味、知ってしまったのですか(>_<)
う~ん、ツウだね、私もはまって、ぬけられなくなったー(^◇^ ;)

No title

「麻」系料理のしびれる感じ、やみつきになる快感ですよね(笑)。
さすが麻薬の麻。
私の本名にも使われている文字なので勝手に親近感もあります。
ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
情報はadsからピックアップ
広告で報酬を獲得しましょう!
便利なネットショッピング
RSSフィード
プロフィール

歩

Author:歩
FC2ブログへようこそ!

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のトラックバック
QRコード
QRコード
ようこそ!いらっしゃいませ♪
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。